about

たとえば、気分が沈みがちなとき。
好きなものを身に纏うと気持ちがすこし浮上する。

「 urefu 」は憂ふ。ウレウとよみます。
憂いが人にふれて優しさへとかわるように。
urefuのアクセサリーが誰かの心に響き、
手にした方から笑みがこぼれることを願って。

” 想像のなかに浮かぶ感覚 ” をじっくり見つめて、ものづくりをしています。

憂鬱な想いをほんのすこしでも和らげる、 「誰かの好きなもの」になれたらと思います。